FPが教える知って得するお金の知識

お金に関連する役立つ情報を公開

損する?得する?FPが教える保険選びのポイント

社会人になったから保険に入ろう、結婚したから保険に入ろう、若いうちに入った方が保険料が安いからなんとなく入ったなど、それぞれのタイミングでみなさん生命保険に加入すると思いますが、勧められるままになんとなく保険に入った、そんな人がほとんどではないでしょうか?

保険は身近な存在でありながら、その内容を知る機会がほとんどないため、何がいいのかよくわからないのは当たり前です。ベストな保険選びができるように、知っておくべきポイントをまとめましたので、紹介します。保険選びの参考にしてみて下さい。

知れば得する医療制度。国の保険をなめてはいけません!

公的医療保険

原則、国の公的医療保険は3割負担ですが、6歳未満は2割負担、70歳~74歳は2割負担、75歳以上は1割負担となります。ただし、収入によっては70歳以上でも3割負担になります。

病院で「診察代は3,000円になります。」と言われたら、私たちは普通に3,000円を支払いますが、3割負担の場合、実際の医療費は10,000円で、残りの7割の7,000円は公的医療保険の「療養の給付」として払われています。

7割部分を国が負担してくれているわけです。当然のように思われるかもしれませんが、医療費がどんなに高額になっても常に1割~3割を負担する保険など「公的医療保険」以外に存在しません。すごく優秀な保険なんですよ。

高額療養費

「公的医療保険」で説明したように、私たちが病院に支払うのは実際の医療費の3割です。しかし、大きな手術の場合、3割でも大きな負担になりますよね。例えば、100万円の医療費がかかった場合、3割負担でも30万円となり、一般家計ではかなりの負担となります。

このように、自己負担額が高額となった場合に、公的医療保険から「高額療養費」としてさらに一定金額を支払ってくれるのです。

受給資格

健康保険(会社員)、国民健康保険(自営業者等)に加入している場合。

受給内容

医療費が一定額を超える部分については3割負担ではなく0.1割負担になります。計算式は以下に示す通りですが、0.1割負担ということは100万円の医療費が1万円になるということです。なので、実際に支払う自己負担額が10万円を超えるということはそうそうありません。

「28万円~50万円」の標準報酬月額に該当する人が多いと思いますが、「28万円~50万円」であれば、医療費が80,100円を超える部分については0.1割負担となります。100万円の医療費の場合は自己負担額は87,430万円になります。

計算式

標準報酬月額(※1) 自己負担額の計算式
83万円以上 25万2600円+(医療費-84万2000円)×1%
53万円~79万円 16万7400円+(医療費-55万8000円)×1%
28万円~50万円 8万100円+(医療費-26万7000円)×1%
26万円以下 5万7600円
住民税非課税 3万5400円

※1)標準報酬月額とは毎月の給料の平均です。標準報酬月額は毎年、4月、5月、6月の平均月収をもとに計算されて、その標準報酬月額が1年間使用されます。

補足

高額療養費については、注意しなければならない点があります。

(1)自己負担額の80,100円というのは1ヶ月の自己負担額で1日から月末までの自己負担額を指します。どういうことか?

以下の例を見てください。例1は高額療養費が適用されますが、例2は高額療養費が適用されません。単月で考えなければならないのです。

例1)
10月2日~10月20日に入院して、自己負担額が30万円となった場合

例2)
10月2日~10月10日に入院して、10月の自己負担額が15万円、11月2日~11月10日に入院して、11月の自己負担額が15万円となり、合計の自己負担額が30万円となった場合

(2)自己負担額は「1つの医療機関に支払う金額」となり、複数の医療機関の医療費と合算できませんし、食事代や差額ベッド額も含みません。また、同一世代で、1年間で3回以上の高額療養費を受けた場合は4回目から自己負担限度額が44,400円に引き下げられます。

葬式代はいくらかかるか

一般的には200万を少し超えるくらいですが、最近は様々な葬式があり、数十万の葬式もあります。

病気になった時の医療費はいくらかかるか

合計の医療費は「がん」であれば、100万円前後、「生活習慣病」であれば、50万円~200万円の医療費になります。生活習慣病とは、その名の通り、生活習慣の積み重ねが原因となる病気でたくさんありますが、代表的なのは「糖尿病」「脳卒中」「心臓病」「脂質異常症」「高血圧」「肥満」です。

心臓や脳の手術は高額なものが多いため、生活習慣病の医療費は高くなるんです。

ネット保険、かんぽ生命、民間企業の保険、それぞれの特性

ネット保険

なんといっても保険料が安い!保険料というのは純保険料と付加保険料に分類され、実際の給付金に使われるのは純保険料、付加保険料は会社の経費のもとになります。ネット保険は人件費が少ないので、その分保険料が安くなるのです。

しかし、アフターフォローに不安があります。病気になってお金が必要になった時に、自分で必要な書類を集めたりパソコンを見ながら、いろいろ知らべて作業をしなければなりません。

もし、目が見えなくなってしまう病気になったら?手が使えなくなる病気になったら?そうなったら自分ではできません。他の誰かに頼まなければなりません。

かんぽ生命、民間企業保険

ネット保険に比べれば、保険料は高めですが、担当がついてくれるので、病気になった場合のことを考えると少し安心ですね。保険金、給付金に関する手続きをやってもらえることは魅力です。病気になれば、そんなに動けませんからね。

営業されるがままに加入すると、損することが多いので、上手に付き合いましょう。

保険料の目安は?

個人的には独身なら8000円くらいでいいと思います。家族ができると死亡保障を上げたり、一時的に特約を追加したりと、保険料が上がりますが、2万円以内にするべきです。

まとめ

公的医療保険がありますので、保険は必要最低限にしましょう。医療費にのみ使うことができる貯金が300万円ほどあれば、医療保険は不要と考えてもいいくらいです。

国の保険も完ぺきではないので、保険対象外となってしまうものもありますから、そういった保険対象外の部分を民間の保険で補うという考えでいいでしょう。

家族がいれば別ですが、死亡保障は葬式代分で問題ないですし、医療保障も一般的な医療保険とがん保険くらいで十分です。もちろん、生活習慣病など、不安をあげればきりがありませんが、それよりも計画的な貯蓄と健康維持に努めるべきです。

The following two tabs change content below.

北野圭

ファイナンシャルプランナーの仕事をしながら役立つ情報を無料でご提供できればと思っております。こんな記事を書いて欲しいなどご要望がありましたらお気軽にコメント欄にご記入いただければと思います。

関連記事

  1. 画像
  2. 画像
  3. スクリーンショット 2015-04-26 21.53.35
  4. 2015-03-18 23.21.34

コメントをお待ちしております