FPが教える知って得するお金の知識

お金に関連する役立つ情報を公開

東京海上日動あんしん生命の長割り終身をFPが徹底解析!

生命保険の商品パンフレットっていいことは大きく分かりやすく書いてあるけど、一番大事な保証内容の詳細はとても小さく書いてあって、読みにくいですよね。そんな商品パンフレットを解析してわかりやすく紹介します!今回は東京海上日動あんしん生命の長割り終身について解析します。

長割り終身の保障内容

長割り終身は低解約返戻金の商品です。以下にその内容と注意点を紹介します。保証内容はパンフレットに記載の内容ですが、注意点は僕個人の意見です。参考にしてみて下さい。

保障内容の特徴1:保険料が割安

保険料が割安というのは、東京海上日動あんしん生命の他の終身保険に比べて割安という意味で、他社と比較しているわけではありません。「長割り終身」は低解約返戻金の商品なので、保険料払込期間中の解約に対する解約返戻金が低く設定されています。そのため、普通の終身年金より保険料を安くできるというわけです。

保障内容の特徴2:保障が一生涯続くので、万一の整理資金に備えることができる

終身保険なので、「万一の整理資金」が当然メインになります。万一というのは死亡または高度障害状態になった場合を指しますが、高度障害状態というのはどういう状態なのかはっきりしませんよね。保険金が支払われないケースもあるので、約款などを確認し、必ず営業担当の方に確認しましょう。

以下にパンフレットに記載してある保険金支払事由と免責事由の内容を記載します。

保険金の種類 支払い事由 免責事由
死亡保険金 被保険者が死亡されたとき ・責任開始日からその日を含めて3年以内に
 自殺したとき
・保険契約者または死亡保険金受取人が
 故意に被保険者を死亡させたとき
・戦争その他の変乱によるとき
高度障害保険金 被保険者が責任開始日以後に
生じた障害または疾病が原因で
所定の高度障害になられたとき
・保険契約者または被保険者の故意によって
 被保険者が高度障害になられたとき
・戦争その他の変乱によるとき

■注意点
責任開始日とは契約した保険の保障が開始される日という意味です。通常、保険会社では、1回目の保険料が支払われた日または医師の診査が行われた日のいずれか遅い方を責任開始日に定めています。自分の契約した保険の責任開始日がいつになるのか、契約時に必ず確認しましょう。

当然ですが、自分でわざとケガをした場合、保険金はもらえません。保険は「万一」の場合のためなので、故意に保険金を発生させるようなことをしても、保険金は支払われません。

保障内容の特徴3:保険料払込期間を選べる

保険料払込期間を1歳きざみで選べるので、個々のライフプランに合わせた保障設計が可能になります。以下にパンフレットに記載してある保険料表を記載します(2014年7月時点)。参考にしてみて下さい。
■表1

  • 保険金額:500万円
  • 保険料払込期間:60歳まで
  • 払込方法:月掛
契約年齢 性別
男性 女性
30歳 9,845円 9,175円
31歳 10,240円 9,540円
32歳 10,660円 9,935円
33歳 11,120円 10,355円
34歳 11,630円 10,830円
35歳 12,180円 11,340円
36歳 12,780円 11,895円
37歳 13,430円 12,500円
38歳 14,145円 13,155円
39歳 14,925円 13,880円
40歳 15,785円 14,675円
41歳 16,735円 15,560円
42歳 17,775円 16,520円
43歳 18,935円 17,595円
44歳 20,240円 18,815円
45歳 21,725円 20,190円
46歳 23,410円 21,760円
47歳 25,360円 23,575円
48歳 27,625円 25,690円
49歳 30,305円 28,190円
50歳 33,475円 31,150円

■表2

  • 保険金額:500万円
  • 保険料払込期間:90歳まで
  • 払込方法:月掛
契約年齢 性別
男性 女性
30歳 6,565円 5,700円
31歳 6,730円 5,830円
32歳 6,905円 5,970円
33歳 7,085円 6,110円
34歳 7,280円 6,260円
35歳 7,475円 6,415円
36歳 7,685円 6,580円
37歳 7905,円 6,745円
38歳 8,130円 6,925円
39歳 8,375円 7,105円
40歳 8,625円 7,300円
41歳 8,890円 7,500円
42歳 9,170円 7,715円
43歳 9,460円 7,935円
44歳 9,765円 8,165円
45歳 10,090円 8,405円
46歳 10,430円 8,665円
47歳 10,785円 8,935円
48歳 11,160円 9,215円
49歳 11,560円 9,510円
50歳 11,980円 9820,円
51歳 12,420円 10,145円
52歳 12,885円 10,490円
53歳 13,375円 10,855円
54歳 13,905円 11,245円
55歳 14,455円 11,655円
56歳 15,045円 12,090円
57歳 15,675円 12,560円
58歳 16,345円 13,055円
59歳 17,065円 13,595円
60歳 17,840円 14,170円
61歳 18,665円 14,790円
62歳 19,560円 15,455円
63歳 20,530円 16,180円
64歳 21,605円 16,975円
65歳 22,760円 17,840円
66歳 24,005円 18,775円
67歳 25,350円 19,795円
68歳 26,805円 20,905円
69歳 28,390円 22,130円
70歳 30,110円 23,475円
71歳 31,995円 24,955円
72歳 34,030円 26,570円
73歳 36,280円 28,370円
74歳 38,775円 30,375円
75歳 41,555円 32,635円
76歳 44,665円 35,190円
77歳 48,160円 38,105円
78歳 52,135円 41,455円
79歳 56,695円 45,355円
80歳 61,920円 49,900円

保障内容の特徴4:解約返戻金の活用

終身保険は解約した場合に解約返戻金というお金が契約者に支払われます。解約返戻金の原資は、保険会社によって運用されて年々増えていくため、保険料払込期間を過ぎて保険料を収めなくっても変わらず年々増えていきます。

なので、保険料払込期間を過ぎたある時期から自分が収めた総額の保険料を上回り、解約すると総額の保険料以上のお金を得ることができるんです。これが終身保険の長期的な貯蓄機能になるんですが、この解約返戻金は解約して一時金として受け取る他に、その解約返戻金を元に年金支払へ移行することもできるんです。

一度で全部受け取るか、段階的に受け取るか、活用方法を個人で選択できるんですね。

■注意点
当たり前ですが、解約すると以後の保障はなくなります。葬儀などの万一の資金準備として終身保険に加入するのであれば、解約返戻金の活用は慎重に検討しましょう。

まとめ

誰もがいつかは必ず死ぬので、万一の整理資金は必要です。そういう意味では終身保険というのは必須の保険と言えるでしょう。しかし、多額の保険金がずっと必要かと言われれば違います。配偶者はいるのか、子供はいるのかなどの家族構成でも変わりますし、年齢でも変わります。

葬儀費用の平均は約200万円、お墓の購入価格平均は約170万円ほどなので、自分の人生プランに合わせて、保険金額は設定しましょう。

The following two tabs change content below.

北野圭

ファイナンシャルプランナーの仕事をしながら役立つ情報を無料でご提供できればと思っております。こんな記事を書いて欲しいなどご要望がありましたらお気軽にコメント欄にご記入いただければと思います。

関連記事

  1. 画像
  2. 保険の選び方
  3. 2015-03-18 23.21.34
  4. スクリーンショット 2015-04-26 21.53.35

コメントをお待ちしております